フランス留学のためにミニマリストになりたい女

アラサーでフランス音楽留学を目論む女が奮闘する記録。

冠帯の開運

先日四柱推命のオンラインイベントに参加して、

とても有意義で勉強になったので四柱推命が今自分の中で再燃してます!

 

そのイベントの中で、十二運星の裏返りについて話がありました。

四柱推命には十二運星という項目があり、

それぞれ対になる裏星があるそうです。

命式に書いてあるのは表の星ですが、

どうもそれが当てはまらない・・・という場合は

裏返って対になっている星の状態が出ていることがあるそうです。

 

十二運星にはエネルギー量の差があるので、

エネルギー量が大きいはずが、裏返って小さい方に転じている状態を

陰転というそうです。

逆に小さい星を持っている人は、裏の大きい星の働きを使ってエネルギーを補うこともできるとか。

 

私は冠帯と帝旺という十二運星を持っているのですが、

これが絶対裏返ってるとしか思えない・・・。

 

「冠帯」は女性性や華やかさ、目立ったりちやほやされたい!というイメージだそうで、

裏返った「墓」は慎重で頑固、探求熱心なイメージ(オタク?っぽい?)なので

私は全く女性らしさや華やかさはなく、むしろオタクなので・・・

陰転してる・・・。

 

裏返ってること自体は悪いことというわけではないようですが、

やはり陰転してるのはあまり良くなさそうです。

色々見ていたところ、冠帯の開運行動として、

家の中でもメイクしたりおしゃれしたり、女性性を意識してアップすることが

冠帯の開運ポイントです!と書いてありました・・・。

 

家から出ないのにメイクするなんて、

今の私では考えられない、いやいや面倒すぎてムリムリ・・・と思ったのですが、

(ていうか外に出るときすら、どんどんメイクしなくなってる笑笑)

いや待てよ、そんなのムリムリ、といういつもの自分から外れた行動をするから、

今までと違う、開運行動になるのでは??と思い直し、

やってみることにしました・・・。

 

家に一日いる日でも、簡単に下地とパウダー、チークとリップくらいの

かるーく血色良くなるくらいのメイクをするようにしてみます!

何かいいことありますように・・・笑

このコロナ禍ですっかりリップを塗らなくなっていたので、

使わないけど捨てるのも忍びない・・・というリップをどんどん消費して

減らせたらミニマリスト的にもプラスだな!ということで。。。

 

 

 

フランス音楽コンクール奮闘日記①

自主企画のデュオコンサートが終わってすっかり腑抜けていましたが、

そろそろ次の目標に向けて動くべく、

新シリーズフランス音楽コンクール奮闘日記を始めたいと思います・・・。

 

今は目下選曲で悩み中です。

コンクールは選曲大事ですよね・・・

一回提出したら変えられないので悩みます。

自分が不安なく安心して演奏できるかつ、

自分の強みを表現できて、

なおかつ飽きさせない構成を組みながら、

決められた規定に収まる曲目とは・・・。

ないよ!ない!笑

 

ないとか言ってる時点でコンクール受ける資格ないのですが、

そう言ってても永遠に受けられないのでなんとかひねり出して

おおよそ決めました。

ひとまずパートナーにどう思う??と聞いてみたのですが、

なかなか辛辣な指摘が入り、ちょっとしょんぼり・・・。

これって本当にレパートリーなの?とか、

曲数が多すぎて審査員にマイナス印象持たれない?とか

最後に盛り上がって終わるようにした方がいいんじゃないの?などなど

どれも的を得てるので、ぐぬぬ・・・というところです。

 

でもな~もう絞り出したって感じなので、

他にほとんど選択肢がない・・・。

私の勉強が足りないという話にはなるのですが、

なかなかね~。

 

今回受けようと思っているフランス音楽コンクールは、

〇予選

・二曲

・一曲はフォーレ、アーン、グノーの中から選ぶ

・もう一曲は別の作曲家から選ぶ

・8分以内

 

〇本選

・15分以内

・曲数自由だけど、二人以上の作曲家から選ぶ

 

で、すべてフランス歌曲で組み合わせるんですね~~。

予選は予選で、二曲でバシッと決まるような大きい曲があんまり手持ちがなく、

これしかないかな・・・という状態。

 

本選は本選で、15分て結構長くて、手持ちの曲が短い曲ばっかりだから

曲数すごい多くなってるし笑

好きな歌曲集がしんみり終わる系ばっかりなので、

曲並びを重視するとしんみり終わっちゃうのでなんだかな~というところ。

 

とはいえ並びは結構いいんじゃないかな~と気に入っているので、

まだ調整はするかもしれませんが、おおよそ今の路線でいきたいなと思っています。

 

The last 5 years

先日花乃まりあさんと平間壮一さんのthe last 5 years観劇してきました♪

オフブロードウェイミュージカル、二人芝居、ラブストーリーということで

初めて見る作品でしたが、とってもドキドキ楽しみに見てきました!

 

ストーリーは一組のカップルが付き合い初めて結婚し、そして別れるまでを

男女が逆の時間軸からそれぞれ歌いつづっていきます。

二人芝居といっても、二人が一緒にお芝居するのは結婚式のシーンだけ。

男性は時系列順に、女性は別れた時から時間を遡っていき、

結婚式の時だけが時空が重なるという面白い脚本です。

 

エリザベートガラコンサートで、ものすごく進化されていた花乃さん、

オフブロードウェイ作品でほぼ全編歌!というのは挑戦だったと思いますが

とっても素敵でした・・・!

本当に誰が歌っても難しいだろうというような、

素敵だけど複雑なナンバーをチャーミングに歌っていらして、

本当にナイスファイト・・・!

冒頭のさみしげなところも、女優としてオーディションに挑むシーンも

すごくキュートでチャーミングでした。

結婚式のシーンもすごく美しかった~

キャシーは花乃さんにぴったりで、すごく個人的にも共感できるところが

たくさんありました。

 

平間さんのジェイミーは全体的に線の細いかんじで、

ジェントルと形容されるのもわかるな~と思いました。

でも私はキャシー贔屓なせいでしょうか、

ジェイミーには腹が立ちましたね・・・笑

ジェイミーは最初がハイテンションで別れに向けてどんどん落ちてくんですけど、

何を被害者ぶってるんだ・・・?と思ってしまいました笑

 

全編本当に難しい曲ばかりで、

なんというかとてもアメリカンな世界観で、

曲もカントリー調ですよね。

あのカントリーの感じって日本人にないよなぁ・・・と思います。

だから余計に難しく聴こえるかなと。

 

とっても素敵な公演だったのですが、

やっぱりもともとどんなかんじなんだろう?!という興味はすごくわきました。

映画もあるんですね!

(映画はあんま評判よくないらしいですが・・・笑)

多分アメリカで公演されているものを映像で見たのですが、

やっぱりアメリカ人が歌っても難しいんだな、と思いました笑

(それをあれだけ健闘されてたのすごいと思う・・・!)

 

でもとっても素敵な作品で、心に残る公演でした♪